雇用保険・失業保険NAVI

失業保険の支給額

雇用保険で受給できる1日当たりの金額を『基本手当日額』といいます。

この『基本手当日額』は原則として離職した日の直前の6か月に毎月きまって支払われた賃金(つまり、賞与等は除きます)の合計を180で割って算出した金額(これを賃金日額といいます)のおよそ50〜80%(60歳〜64歳については45〜80%)となっており、賃金の低い方ほど高い率となっています。


賃金日額=最後の6ヶ月間に支払われた賃金の総額/180

基本手当日額は年齢区分ごとにその上限額が定められています。



サイトTOP

(C)雇用保険・失業保険NAVI